今までのは何だったんだ

いわきのデリヘルは特殊で、サービス前に枕元にゴムを置かれます。
これが何を意味しているのかというと、言わずもかなわかりますよね?そうなんです。これはかなり特殊な事だと思うんですけども、込みの値段らしいのです。
私はそれを知らずに、今までくそまじめに手コキとか素股で終えてました。
この話を聞いたときは、かなりショックを受けましたね。今までのはなんだったんだと。
悔しいので、すぐにデリヘルに電話をして、いい感じの女の子を予約しました。
これまでデリヘルにいくら費やしたんだろう・・・。おそらく相当額つぎ込んでいると思います。
それなのに、それなのにですよ。ちょっと、泣けて来ますね・・・。

もしかしてこのブログを見ている方知っていました??
水臭いじゃないですか〜教えてくれてもよかったのにwwww
なんていうのは冗談ですが、とにかく今日は楽しめそうです。いろんな意味で。

勝負パンツに着替え、私はいつものいわき市内のビジネスホテルへと向かいました。
ビジネスマン風を装うためにスーツを着て行きました。
気分はもうイケイケビジネスマンで、出張中という設定にしましょう
バッグには使わないのにパソコンを入れたりして。

早速女の子が到着し、お決まりの料金先払いで支払うと、女の子はおもむろにゴムを枕元に置きます。
見ましたよ。やはり置いている。ということはOKなのか???
できるかできないか、聞こうと思うのですが、ここで聞いてしまっていいのか躊躇してしまいました。
ストレートにしてもいいのか聞くのも野暮なので、このまま聞かずにいるとどういうサービスをしてくれるのか気になり、しれっと聞かずに進めることにしました。

いつものように体を洗ってベッドに行くと、キスから始まり、濃厚なプレイが始まりました。
私はその最中にでもゴムのことが気になって気になって頭から離れず、エッチなことに集中できませんでした。
サービスも佳境に入り、口でしてもらった後に勇気を振り絞って女の子に聞いて見ました。
「このゴムっていつ使うの?」と。

女の子は「あー」と言い、そのゴムを私に装着し始めました。
えっ!えっ!えっ!と思っているうちに装着は完了。
次の瞬間、そのデリヘル嬢は思い切った行動に出ました。
騎乗位になりるとあ私のあそこを握り入れてしまったのです。

「間違って入っちゃった」

そういうことか、やはり事前に聞いていた情報と同じだ。
私は全てを確信し、思うがまま腰を振るのでした。
全部が全部ではないようですが、いわきにはこいう店が多いんだそうです。
衝撃的すぎて、このデリヘル以降、私の中のデリヘルの価値観が大きく変わりました。
もちろん、次もこのお店で呼ぼうと決めましたよ。

こういう文化はずっと昔からあったそうで、いわきならでは。らしいです。
他県ではこんなことありませんので注意してくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です