筆おろし後編

いわきのデリヘル筆おろし後編です。

放出したくて放出したくてたまらなかった私は、女の子に伝えると、ローションを私のあそこにたっぷりと付けて、彼女の股の間にチンチンをはさめられました。
そのまま挿入しているように腰を動かしてみると、めちゃくちゃ気持ちよく、気を抜くとすぐに射精してしまいそうな程気持ちが良かったです。
(気持ちよすぎて腰に力が入らない経験は初めてでした・・・。)
女の子の顔をじっくりと見てみましたが、こんな恥ずかしいことをしていると、結構ブサイクでもかなり可愛く思えてくるんですね。
今回はもともとカワイイのですから、もっと可愛らしく見えてきます。

そして、夢だったシックスナインをすることになりました。AVで必ず見るやつですね。
早速体制に入ると、女の子のあそこが目の前にあります。絶景です。すごく割れ目が綺麗でした。
これを今からベロベロと舐めるわけですが、本能のまま動いてみようと思い、音を立てて勢いよくクンニしました。
しかし、女の子から「ちょっと痛いかも」とあったので、デリケートな部分なので優しく愛撫する事にしました。
女の子のあそこは想像以上にデリケートなんですね。痛みと気持ちよさが紙一重のようです。勉强になりますね〜。
よく考えて見ると、男だって激しくされたら痛いですよね。ちょと反省です・・・。

女の子のあそこは、初めは乾燥していたのに、舐めているうちにネバネバしたものがあそこから溢れてくるのがわかりました。
無色透明なちょっと粘度がある液体です。ペロッとしてみましたが、味もしませんでした。
これは一体なんでしょう???
後からわかったのですが、これは愛液というらしく、刺激され、興奮すると分泌される液体らしいです。
潤滑剤とでも言いますか。

しばらくするとデリヘル嬢の息遣いが荒くなり、次第にからだも熱ってきました。
どうやら女の子も童貞相手に興奮しているようです。当初と明らかに目つきが変わり、トロ〜ンとしているようです。
私はAVをみて得た知識で、様々な対位をチャレンジして見ましたが、一番良かったのはやはり正常位でした。
そして、事もあろうに、初めてということもあり、あまり動かしていないのに私はとうとう射精してしまいました。
あんなに気持ちがいい時間が一瞬で終わってしまったように感じます。ちょっと残念ですね・・・。
今回は前回よりは持ったほうなので良しとしますが、残り時間が微妙な時間で射精してしまったので、もったいない事に、残り時間を持て余すこととなりました。
時間調整のため、最後のシャワーを長めに行いました。
シャワーの最中はあそこを弄ってもらいつつ、ずーっとキスをして、幸せな時間を過ごせました。

今回も満足する結果にはなりませんでしたが、一通りデリヘルの流れをつかめたと実感しています。
次回は要領よくいわきデリヘルを呼べそうな気がします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です