ミルクティを一からおいしく作る方法

vol20_551_4

一からおいしいミルクティーが入れれたら、おしゃれで素敵だと

思いませんか。来客時に・・・一息つくときに・・・

「紅茶が飲みたいな」そんなときに、5分で簡単にできるミルクティの入れ方を

お伝えします。

こちの記事でも書きましたが、<紅茶の入れ方

紅茶は、料理とは違いアレンジすることにより相乗効果でおいしくなるものでは

ありません。茶葉の甘みを如何に抽出するかでおいしさが決まります。

なので、「量」がとても大事。

水の量、茶葉の量、ミルクの量、全て測り入れすることで、

最高の味にすることができます。

では、二人分のミルクティを作る想定で作り方を伝えていきます。

まずは、

①茶葉の甘みを抽出

私が普段行っている方法としては、空気がいっぱい含んだ水と茶葉をなべに入れて

うまみを抽出していきます。その際に水の量は二人分で140mlを測り入れします。

茶葉は、5g程度。ティースプーン2杯分程度です。

強火でボコボコ泡が出るまで煮立てます。

ちなみに、ミルクティに使用する茶葉は「アッサム茶」を使用します。このアッサム茶は

苦味が強いので、ミルクと混ぜると苦味とまろやかさが相まってちょうど良い味になります。ストレートで飲むと苦くてあまりおすすめしませんが、ミルクティーにはおすすめです。

②ミルクを投入

ボコボコ泡が出てきたら、ミルクを入れていきます。

二人分で210ml程度測り入れします。ミルクは、なべの縁が少し泡だってきたら、

火を止めてポットに入れます。ポットは事前に温めておきましょう。

※器を変えることで温度が数度下がりますので、ポット、カップなど事前に温める

ことが必要です。

後は茶漉しを使って濾しながらカップに入れたら完成です。軽い仕上がりではありますが、

コクがあり紅茶の味がしっかり残っていてマイルドな仕上がりです。

すごく簡単なので、寒くってくるこの季節におすすめです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする