ガラスのグラスの手入れ方法とは

sghrbub1192

諮問や曇りがつきやすく、すぐに破損してしまいそうなガラス器の手入れや

保管はどうしたらいいのか。その他の食器と一緒に洗ってしまいがちな食器ですが、

まず、頭に入れておいておくこととして、ガラス器は一つずつ個別に扱うこと。

あなたも一度や二度、グラスなどのガラスの食器を破損した経験は多いことでしょう。

形あるものはいつかは壊れるものですから、仕方ないといえば、

それまでですが、できるだけ割らないように扱って長く使う工夫はあります。
まずは、ほかの食器と分けて使用すること。そして、一つずつ個別に扱います。

洗うときは桶の底に厚手の布あるいはスポンジなどのマットを敷くと、うっかり落としても破損を防ぐことができます。また、底が深いので無理に手を入れず、柄のついたグラス専用のスポンジを使います。

すすぎが終わったあと、布巾などで水気をぬぐうのは禁物です。かえって曇ってしまったり、手の脂をつけてしまったりすることになります。そこで、すすぎが終わったあと、熱めのお湯にくぐらせてから布の上に伏せておきます。こうすれば自然乾燥しますし、輝きも失いません。

少し手間ではありますが、お気に入りのガラス器、グラスをずっと使用して

行きたい場合は、上記の方法で手入れ、保管をしてみるとその違いに驚くはずですよ。